【 目次 】
 
■ コンテンツ構成
 ■ インターネット版と CD-ROM 版の違い
 ■ 学習の進め方
 ■ 学習時間(ナレーション時間)
 ■ 学習前に確認すること
 ■ ボタン等の操作方法
   ├1.学習したいページを探す
   ├2.ナレーションを[進める][戻す]
   └3.ページを[進める][戻す]
 ■ 動作環境
 ■ 文献
 ■ POST-TEST
 ■ 学習履歴
 ■ 検索・索引機能
 ■ 教育研修単位申請

コンテンツ構成
当eラーニングは、6章で構成されています。
  • 各章は、それぞれ5〜19ページ(項目)の学習画面から成っています。
  • 各章の終わりには POST-TEST が付いており、章ごとに確認のためのテストを行うことができます。
    POST-TEST をすべて修了すると、日本リウマチ財団事務局に別途申請することにより、リウマチ登録医の教育研修単位(3単位)を取得できます。 詳しくは、日本リウマチ財団事務局までお問い合わせください。
  • 学習ページはすべて、ナレーション音声を聞きながら、画面上で重要ポイントを確認できる形式となっています。
第1章臨床像と診断19p + POST-TEST16:19
第2章進行抑制のポイント11p + POST-TEST14:43
第3章治療6p + POST-TEST7:33
第4章病態生理5p + POST-TEST 6:13
第5章生物学的製剤14p + POST-TEST15:03
第6章評価法10p + POST-TEST11:23

インターネット版と CD-ROM 版の違い
  • 当eラーニングでは、インターネット版と CD-ROM 版が用意されています。
  • どちらの教材も内容は同じであり、同様に学習を進めることができます。
  • インターネット版、CD-ROM 版、両方を並行に用いて学習を進めることもできます。
インターネット版とCD-ROM 版の違い
 インターネット版CD-ROM 版
学習教材の
収載場所
サーバーCD-ROM
TEST 問題の
収載場所
サーバーCD-ROM
サーバーへの
TEST 結果送信
インターネット経由インターネット経由
TEST 結果(学習履歴)の
保存場所
サーバー内データベースパソコン内、サーバー内データベース、どちらも可能
仕組み
検索機能×
索引×
注意点 
  • CD-ROM 版で行なった TEST 結果のデータは、お使いのパソコンの中に保存されるため、CD-ROM を他のパソコンに移し替えた場合は、それまでの学習履歴を見ることができません。

  • パソコンから CD-ROM を取り出しても、そのパソコンには学習履歴は消去されずに残ります。

  • CD-ROM 版で TEST を受けた場合でも、TEST 結果をサーバーに送信しておくことで、インターネット経由で学習履歴を見ることができ、CD-ROM を他のパソコンに移し替えた場合も、学習履歴を見ることができます。 TEST 後にはできるだけサーバーへの送信を行うようにしてください。

学習の進め方
学習開始から、全講座修了までの流れは以下のようになっています。

1.学習開始
  • HOME の全講座メニューから、[1 臨床像と診断]の[(1)関節リウマチの有病率]をクリックして始めてください。
  • 任意に講座を選んで始めることもできます。この場合、画面左のメニューバー([1 臨床像と診断]〜[6 評価法])から進みたい項目を選び、クリックして進んでください。

2. [1 臨床像と診断]を終了し、POST-TEST を受ける
  • 講座は6章([1 臨床像と診断]〜[6 評価法])に分かれていますが、どの章から始めても、どの章で終わっても構いません。すべての章の POST-TEST が終了した時点で、全講座修了となります。

3. [2 進行抑制のポイント]を終了し、POST-TEST を受ける

4. [3 治療]を終了し、POST-TEST を受ける

5. [4 病態生理]を終了し、POST-TEST を受ける

6. [5 生物学的製剤]を終了し、POST-TEST を受ける

7. [6 評価法]を終了し、POST-TEST を受ける

8.全講座修了
  • 全講座を修了すると、自動的に修了したことが日本リウマチ財団に通知されます。

9.全講座修了後には、調査・研究のためのアンケートに答えてください
  • 調査・研究のためにアンケートを実施しています。できるだけご協力ください。

10.必要な場合、日本リウマチ財団事務局に教育研修単位取得を申請する
  • 日本リウマチ財団では、当eラーニング修了者に教育研修単位(3単位)を授与しています。
  • 教育研修単位(3単位)を取得するためには、日本リウマチ財団事務局に別途申請する必要があります。この場合、教育研修単位申請料が必要です。
    詳しくは、「お問い合わせ」ページからお問い合わせいただくか、日本リウマチ財団事務局までお電話等でお問い合わせください。

    財団法人日本リウマチ財団事務局
    TEL. : 03-3946-3551
    FAX : 03-3946-7500
    E-mail : e-learn@rheuma-net.or.jp

学習時間(ナレーション時間)
  • 当eラーニングプログラムの学習時間(ナレーション収録時間)は、約 71 分です。
  • 全課程を修了するためには、学習ページを見るのに必要な約 71 分に加え、POST-TEST を解く時間が必要となるため、おおよそ 80 分〜 90 分程度かかります。
学習前に確認すること
学習をスムースに進めていただくために、学習を始める前に、以下の項目についてご確認ください。

1.ユーザーIDとパスワード
  • インターネット版の場合は、ログインするためにユーザーIDとパスワードが必要です。
  • CD-ROM 版では、テスト結果を送信するためにユーザーIDとパスワードが必要となります。
  • CD-ROM 版は、ユーザーIDとパスワードを入力しなくても、学習画面および POST-TEST 画面をご覧いただくことができ、POST-TEST は解答して結果を保存することもできます。
  • パスワードは変更することが可能です。パスワードを変更したい方は、こちらから変更手続きを行ってください。ユーザーIDは変更することはできません。
  • ユーザーIDとパスワードを忘れた方は、「お問い合わせ」ページからお問い合わせいただくか、日本リウマチ財団事務局までお電話等でお問い合わせください。

    財団法人日本リウマチ財団事務局
    TEL : 03-3946-3551
    FAX : 03-3946-7500
    E-mail : e-learn@rheuma-net.or.jp

2.インターネットに接続できる環境かどうか
  • CD-ROM 版は、インターネットに接続していない状態でも、すべての学習やテストを行うことができ、全講座を修了することができますが、 テスト結果をサーバーに送信する際には、インターネットに接続する必要があります。そのため、CD-ROM 版で学習する場合でも、できるだけお使いのパソコンをインターネットに接続できる状態にしておいてください。
  • CD-ROM 版のテスト結果は、お使いのパソコン内に保存することができるため、インターネットに接続した時点で、後でまとめて送信することができます。

3.通信回線がブロードバンドか、ダイアルアップ式か
  • インターネット版を見る場合は、ADSL や ケーブルTV、光ファイバー等のブロードバンド環境を推奨します。
  • ダイアルアップ式の場合は、CD-ROM版での学習をお奨めします。
  • CD-ROM 版においても、テスト結果を送信していただくために、お使いのパソコンをインターネットに接続できる状態にしておくことをお勧めします。ダイアルアップ式でも、テスト結果の送信は容易に行うことができます。

4.動作環境
  • 快適に学習を行っていただくためにも、動作環境を必ずご確認ください。
    JavaScript、Cookie、ポップアップブロックなどの機能につきましては、 設定を変更していただかないとコンテンツをご覧いただけなかったり、正常に動作しない場合がありますので、必ず確認するようにしてください。

5.FLASH Player がインストールされているかどうか

6.音量の調整方法
  • 当eラーニングのプログラムには音量調整の機能が付いていません。学習を始める前に、お使いのパソコンの音量調整について、今一度ご確認ください。
    音声を出すことができない環境でパソコンを使用する場合は、ヘッドホンをお使いください。
ボタン等の操作方法
1.学習したいページを探す

ページを探す方法は、3通りあります。
  1. [HOME (全講座メニュー)]の全講座メニューの中から、進みたいページタイトルをクリックする。

  2. 画面左のメニューバーの[1 臨床像と診断]〜[6 評価法]にポインタ(矢印)を重ね、サブメニューバーの各講座メニューから進みたいページタイトルをクリックする。

  3. 画面下にある数字列にポインタ(矢印)を重ね、その下に表示されるページタイトルを確認しながら、進みたいページタイトルの数字をクリックする。(章内の移動のみ可能)


2.ナレーションを[進める][戻す]

ナレーションを進めたり戻したりする方法は、2通りあります。
  1. 画面下の操作ボタンをクリックする。

  2. ナレーション開始と同時に画面下に表示される経時グラフ(ナレーションの進行状況を示す)の「赤色の 」をクリックする。
    「赤色の 」の位置は、画面右のナレーション文の段落に対応しています。

3.ページを[進める][戻す]

ページを進めたり戻したりする方法は、3通りあります。
  1. 次ページに進むときは、画面右下の[Next Page]ボタンをクリックする。
    前ページに戻る場合は、[Previous Page]ボタンをクリックする。
    各ページのナレーション説明が終了すると、画面右下の[Next Page]ボタンが点滅します。

  2. 画面左のメニューバーの[1 臨床像と診断]〜[6 評価法]にポインタ(矢印)を重ね、サブメニューバーの各講座メニューから進みたいページタイトルをクリックする。

  3. 画面下の数字列のボタンの中から、次ページまたは前ページの数字をクリックする。

動作環境
  • 当eラーニングは、FLASH MX というオーサリング・ツールを使って製作されているため、バージョン 6.0 以上の FLASH Player が必要です。  → FLASH Player (Macromedia - Flash Player ダウンロードセンター)
  • FLASH Player のバージョンが古い場合は、マクロメディア社のサイト http://www.macromedia.com/jp/ から 最新の FLASH Player をダウンロードしてください。
    FLASH Player のインストールは無償です。
  • 当eラーニングプログラムではナレーションを用いているため、お使いのパソコンに音声データを再生する機能が必要です。
  • 大きな音声を再生できない環境でパソコンを使用するときは,ヘッドホン等をお使いください。

    学習を始めるために必要な環境
    ブラウザWindows 、Mac 版 Internet Explorer 5.0 以上
    Windows 、Mac 版 Netscape Navigator 6.0 以上
    OSWindows98SE / WindowsMe / Windows2000 / WindowsXP
    ※ Windows95、WindowsNT は保証外
    Mac OS 8.6〜OS X
    ※ Mac OS 8.5以前は保証外
    CPUIntel Pentium II プロセッサ 300MHz 以上またはそれに相当する CPU (Pentium III プロセッサ 以上を推奨)
    Pewer PC G3 300MHz以上(700MHz 以上を推奨)
    メモリ128MB 以上 (256MB 以上を推奨)
    通信環境インターネット版は、ADSL や ケーブルTV・光ファイバーを推奨
    ※ インターネット版の動作確認テストは ADSL 環境(256Kbps 以上)で実施しており、それ以下の接続速度で正常な受講ができるかどうかは保証しておりません。 ISDN や 56Kbps および それ以下の通信速度のモデムではダウンロード時間の延滞や、画面表示などに不具合が生じることがあります。
    プラグインMacromedia Flash Player Version 6.0 以上 ※ インストールは無償です。
    画面解像度(画面サイズ)1024×768 ドット以上
■ ご注意点
  1. 当eラーニングプログラムでは JavaScript、Cookie を使用しています。ブラウザの設定でこれらの機能が無効になっているとコンテンツがご覧いただけません。

       ■ JavaScript、Cookieの設定方法

         【Windowsの場合】
          → JavaScript を有効にする(FAQ)
          → Cookie の受け入れを有効にする(FAQ)

         【Macintoshの場合】
          → JavaScript を有効にする(FAQ)
          → Cookie の受け入れを有効にする(FAQ)

  2. 当eラーニングプログラムのいくつかの画面は、ポップアップウインドウによって表示されます。
    したがって、Windows XP SP2 や各種ツールバーなどの設定で、ポップアップブロック機能が有効になっていると、正常に動作しません。当eラーニングプログラムをご利用される前に、必ず当機能を無効にしてください。 複数のツールバーをお使いの場合は、設定をすべて変更してください。

         ※ ポップアップブロック機能とは、ユーザーが Web サイトにアクセスした時に
           勝手に開かれるウインドウを自動的に閉じる機能です。

       ■ Windows XP SP2 の設定方法

         (1) Internet Explorer のメニューバーの「ツール」から「ポップアップブロック」を
           選択し、「ポップアップブロックの設定」を選択してください。




         (2) 「ポップアップブロックの設定」画面の、「許可する Web サイトのアドレス」に
           下記の URL を記入し、「追加」をクリックしてください。

    URL : www.rheuma-cme.org




         (3) 「許可されたサイト」に正しく追加されたことを確認し、「閉じる」をクリックして
           ウインドウを閉じてください。



    ※ この設定を取り消すには、「www.rheuma-cme.org」を選択し、「削除」をクリックしてください。


       ■ 各種ツールバーの設定変更
         「Google ツールバー」、「Yahoo ツールバー」、「MSN ツールバー」、
         「@nifty ツールバー」、「Alexa ツールバー(Popup Manager)」などをインストール
         している場合、すべてのポップアップブロック機能を無効にする必要があります。

         ・ Google ツールバー
           Google ツールバーの「オプション」をクリックし、[アクセサリ] セクションにある
           「ポップアップブロッカー」のチェックを外してください。


           Google ツールバーの詳細 → http://toolbar.google.com/intl/ja/


         ・ Yahoo ツールバー
           Yahoo ツールバーの「ポップアップブロッカー」をクリックし、表示されるメニューの
           「ポップアップブロッカーを使う」のチェックを外してください。

           Yahooツールバーの詳細 → http://help.yahoo.co.jp/help/jp/toolbar/


         ・ MSN ツールバー
           MSN ツールバーの「ポップアップを禁止」をクリックし、「ポップアップを許可」に
           変更してください。

           MSN ツールバーの詳細 → http://toolbar.msn.co.jp/


         ・ @nifty ツールバー
           @nifty ツールバーの「ポップアップ広告ブロック」をクリックし、表示されるメニューの
           「ポップアップ広告ブロック機能を無効にする」に変更してください。

           @niftyツールバーの詳細 → http://www.nifty.com/toolbar/


           その他のブラウザやツールバーのポップアップブロック機能の設定変更については、
           各製品サイトをご確認ください。

文献
  • 当eラーニングプログラムでは、文献をその場ですぐに調べることができるように、数字をクリックするだけで文献を確認できるようになっています。
  • 文献は、画面右側のナレーション文の文末に、上付き数字(通しナンバー)で示されています。



  • 文献を見る場合は、文末の上付き数字をクリックしてください。
  • 文献は、学習画面に小さなサブウインドウとして表示されます。



  • 文献のサブウインドウを表示している間はナレーションがストップしますが、サブウインドウを消すと、ナレーションは再生されます。
    サブウインドウの文献を見ながらナレーションを再生させたい場合は、文献表示中に点滅するナレーション再生ボタンをクリックしてください。


  • 文献一覧は、「リウマチeラーニングについて」の文献一覧をご覧ください。
POST-TEST
  • POST-TEST は、各章のいちばん最後に設けられています。
  • POST-TEST は、理解度を自己確認するために、また日本リウマチ財団がeラーニングの教育効果を調査・研究するために設けられています。
    個人情報保護法に基づき、個人情報を他の用途に用いたり、個人情報を特定できる結果を公表したりすることはありません。
  • POST-TEST をすべて修了すると、日本リウマチ財団事務局に別途申請することにより、リウマチ登録医の教育研修単位(3単位)を取得できます。詳しくは、日本リウマチ財団事務局までお問い合わせください。
■ POST-TESTの受け方
  1. 各章の最終ページのナレーションが終了すると、[POST-TEST]ボタンが点滅しますので、[POST-TEST]ボタンをクリックしてテスト画面に進んでください。
    [Next Page]ボタンでも進むことができます。
  2. POST-TEST は、一度中断してログアウトしても、再度ログインして解くことができます。また、数日後にあらためて POST-TEST だけを解くこともできます。この場合は、[POST-TEST]ボタンを直接クリックして、テスト画面に進んでください。
    「学習履歴」画面の[保存]をクリックして進むこともできます。


  3. POST-TESTの解答の仕方
    1. 各設問ごとに解答欄にチェック印を入れる。
    2. [正解を見る]ボタンをクリックし、答え合わせをする。
    3. 全問正解で終了。(途中で中止する場合は、答えを[保存]する)
POST-TEST の流れ

  1. 解答に不正解があった場合は、不正解だった設問の下に「不正解」と表示されます。正解の場合は「正解」と表示されます。
    不正解があった場合は、再度学習画面で内容を確認し、POST-TEST を受け直してください。
    不正解があった場合で、途中で POST-TEST を中止するときは、[保存]ボタンをクリックして保存してください。保存後に同 POST-TEST 画面を開くと、保存した時点での画面が再表示されます。
    不正解があった場合、不正解の問題だけを解き直して、そのまま再度答え合わせ([正解を見る]をクリック)を行うこともできます。

  2. POST-TEST は、途中で中断しても、解答を保存しておくことができます。保存する場合は[保存]ボタンをクリックしてください。

    インターネット版の場合:サーバーのデータベースに、解答が自動保存されます。
    CD-ROM 版の場合:お使いのパソコン内に、解答が自動保存されます。

    [保存]ボタンで保存せずに中断した場合は、保存されません。

  3. 解答が全問正解の場合は、以下のように TEST 結果が自動的に保存されます。

    インターネット版の場合
    インターネット経由で、サーバーのデータベースに、終了したことが自動保存されます。
    CD-ROM 版の場合
    お使いのパソコン内に、終了したことが自動保存され、サーバーのデータベースに送信するための画面が表示されます。ユーザーIDとパスワードを記入し、サーバーに送信してください。

    日本リウマチ財団で行っているeラーニング教育効果の調査・研究のために、できる限りサーバーにテスト結果を送信していただきますようご協力をお願いいたします。 また、全講座修了後にリウマチ登録医の教育研修単位(3単位)取得をご希望される場合(日本リウマチ財団事務局に別途申請が必要)も、サーバーにテスト結果が送信されている必要があります。

学習履歴
  • 学習履歴(POST-TEST 結果記録)は、インターネット版と CD-ROM 版とでシステムに違いがありますので、ご注意ください。
  • CD-ROM 版で全講座を修了後にリウマチ登録医の教育研修単位(3単位)取得をご希望される場合(日本リウマチ財団事務局に別途申請が必要)は、サーバーに全テスト結果を送信しておく必要があります。

    【学習履歴(POST-TEST結果記録)を見る方法】

    インターネット版の場合
    [学習履歴]ボタンをクリックすると、インターネット経由で、サーバーのデータベースに記録されている学習履歴を見ることができます。
    CD-ROM 版の場合
    [学習履歴]ボタンをクリックすると、お使いのパソコン内に記録されている学習履歴を見ることができます。

    サーバーの学習履歴(サーバーに記録されている TEST 結果記録)を見るときは、学習履歴画面下にある[サーバー学習履歴]をクリックしてください。

検索・索引機能
■ 検索の使い方

  • 検索したい語句やキーワードを記入して、[検索]ボタンをクリックしてください。
  • 検索結果の一覧が画面に表示されます。
    AND 検索(複数キーワード検索)や OR 検索も可能です。


■ 索引の使い方

  • [索引]ボタンをクリックすると、ABC 順、あいうえお順に並べられた索引ページが表示されます。
    語句および単語の後ろにある数字をクリックすると、該当ページが表示されます。



    この数字をクリックすると、「3 治療」の「(4)DMARDs治療:早期ほど有効」を表示させることができます。
教育研修単位申請
  • 全章の POST-TEST を終了(全問正解)し、当eラーニングを修了すると、希望者はリウマチ登録医の教育研修単位3単位を取得することができます。
  • 教育研修単位(3単位)取得を希望する方は、日本リウマチ財団事務局に別途申請していただく必要があります。この場合、教育研修単位申請料が必要です。
  • 詳しくは、「お問い合わせ」ページからお問い合わせいただくか、日本リウマチ財団事務局までお電話等でお問い合わせください。

    財団法人日本リウマチ財団事務局
    TEL. : 03-3946-3551
    FAX : 03-3946-7500
    E-mail : e-learn@rheuma-net.or.jp

■ 申請から取得までの手順